歴史

■歴史

歴史的に見ると、東アジアにおいては、7世紀頃から木版による、11世紀頃には陶器製の活字を用いた手法で行われていたと言われている。金属活字による手法は、13から14世紀頃に朝鮮半島やヨーロッパで確認されている。これ以降の技術の発展によって、聖書が普及し、宗教、社会への影響へと繋がっていく。
1798年には、ドイツで、現在の印刷手法の元となるリトグラフの手法が発明され、現在のオフセット印刷へと進化していく。

■メリット

パンフレットでは中綴じや無線綴じなど用途やページ数に合わせて仕様を選べ、仕上がりの美しい印刷が得られるので便利である。
ポストカードやショッピングカードなどにも対応しており、写真もキレイに印刷できるので重宝する。良心的な会社では適正な価格で提供しており、見積もりもスピーディーに提出するので安心である。一定の期日より早目に完全データを入稿することによって価格が割安になる特典が適用されるので便利である。

■印刷の注意点

プリンターを使用した印刷は、大量かつ高速に処理できる反面、注意すべき点もある。
プリンターの内部は高温であるため、中を通った紙の水分が急激に減少することで、紙が波打つことがある。解消するには厚めの紙を使用するか、印刷後の紙の上に重石を置くことで、波打ちを和らげることが可能である。
また、紙の折り曲げ部分は、定着機を使用してもトナーが定着し難いため、場合によってはPP加工などを施し、トナー剥がれを防止する必要がある。

イチ押しリンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031